サイト内検索 powered by Google
サイトマップ
憲法
  •  ●改憲で日本を改革・発展させよう!
  •  ●19世紀憲法から21世紀憲法へ!
  •  ●占領下憲法から真の独立国憲法へ!
  •  ●閉鎖的平和から世界貢献的平和へ!
  •  ●改憲は民心を一新し、生活を向上させる!
  •  ●合理的な改憲案づくりにご協力を!

新しい憲法をつくる
国民会議 事務局
【住所】〒104-0028 
東京都中央区八重洲
2-6-16 北村ビル3階
【電話番号】03-3581-1393
【FAX】03-3581-7233
【e-mail】

第48回新しい憲法をつくる国民大会(平成29年5月3日)の清原会長の講話要旨  >>>>>  こちらをクリック
  
第3回「憲法改正川柳コンクール」結果発表(速報)  >>>>>  こちらをクリック
  

(1)国民会議の総括的概要
当国民会議が、岸信介元総理を会長として、昭和44年に設立された。その後、路線の対立が生じたが、当団体は岸信介会長の信念・路線に基づき、毎月の研究会、国民大会、改憲案づくり、出版物発行等々活動してきた総括的概要を記す。 詳細はこちら

(2)最近の活動内容
国民会議の活動は、ほぼ40年にわたるが、ここでは、この1~2年の活動情況を掲げ、入会、国民大会への参加の可否、賛助金申込みなどのための判断材料を提供する。まずは、これをご覧いただきたい。
詳細はこちら

(3)入会案内
下段の「岸信介初代会長の信念・路線」をご覧いただき、それに賛同する方は、ぜひ御参加を! なお、衆・参議員会館の会議室を使用することがあるので、警備の都合上、履歴書を御提出いただき、審査があります。御了承下さいますよう。
詳細はこちら

(4)国民会議はなぜ設立されたのか
昭和44年に当国民会議が創設された折の事情を記したものです。当時の政治情況を知り、歴史的意義を理解し、また、裏の事情も分かると思いますので、時間のある時に、御一読下さい。  詳細はこちら

(5)岸信介初代会長の信念・路線
当国民会議は、昭和44年に岸信介元総理を会長として設立された。しかし、その後、参加団体の路線の違いが明らかとなり、去っていった団体もある。当団体は、岸信介初代会長の信念を継承する。
詳細はこちら

(6)「新しい憲法をつくる研究会」記録 (=自主憲法研究会)は、昭和44年秋から、当国民会議会員、憲法学者有志、自主憲法期成議員同盟有志議員によって毎月1回(8月は休み)、ほぼ40年にわたって開催されてきた記録を記す。
詳細はこちら

(7)「新しい憲法をつくる国民大会」記録
(=自主憲法制定国民大会)、昭和44年に第1回国民大会を始めて以降、毎年5月3日(憲法記念日)に開催してきている。今年は「第48回 新しい憲法をつくる国民大会」を開催する。
詳細はこちら

(8)国民会議の部分改正案・全面改正案 当国民会議は、前記、昭和44年がら始めた毎月の「新しい憲法をつくる研究会」において、研究・検討・起案され、当初は各条文ごとの部分改正案づくり。平成15年以降は、整合性を考えた全面改正案をまとめ、第3次案まで成文化した。 詳細はこちら

(9)岸信介元総理の書ほか、参考資料編  初代会長の岸信介元総理の書、第2代会長の木村睦男元参議院議長の書を掲載するほか、議員同盟と共同して作成した論拠資料の収録。過去40年間の地方での集会記録。現在の清原淳平会長の改憲への論文、著作などの紹介欄です。 詳細はこちら

  

TOPICS

研究会

清原淳平会長 清原淳平会長
「天皇陛下の譲位御発言につき、国民としていかに考えるか」
(平成29年1月16日開催研究会) button

研究会

清原淳平会長 清原淳平会長
「自衛隊の駆けつけ警護は、違憲ではない。その理由」
(平成28年12月2日開催研究会) button

研究会

浅海保先生 浅海保先生
「米大統領選後の国際政治の分析、日本はどう対応すべきか」
(平成28年12月2日開催研究会) button

研究会

清原淳平会長 清原淳平会長
「「立憲主義」なる言葉の空虚性を論じる」
(平成28年10月27日開催研究会) button

研究会

宮崎政久先生 宮崎政久先生
「最近の沖縄情勢、私の政治信念、憲法改正への志」
(平成28年10月27日開催研究会) button

研究会

平沢勝栄先生 平沢勝栄先生
「憲法改正への私の考え方と、最近の国会情勢について」
(平成28年9月16日開催研究会) button

研究会

高橋利行先生 高橋利行先生
「参議院選挙の分析を踏まえて」
(平成28年7月14日開催研究会) button

研究会

清原淳平会長 清原淳平会長
「分かりやすい憲法改正学へのすすめ その14」
(平成28年3月25日開催研究会) button

依頼公演

清原淳平会長 清原淳平会長
「なぜ、憲法改正か?!」
(平成26年10月31日 一般社団法人 e世論協会に招かれて) button

特別集会

竹花光範先生を偲ぶ会 竹花光範先生を
偲ぶ会

平成25年8月7日(水)
神田学士会館
共催:憲法学会 button

清原淳平会長の著書 好評発売中です。

集団的自衛権・安全保障法制
『集団的自衛権・安全保障法制』
~~反対・賛成・中間派も内容がよく分かる!~~
清原淳平著 本体1400円+税、送料290円別途
ここ数年、国会では集団的自衛権・安全保障法制について、合憲か違憲かの論争が続いており、この問題は、これからも継続する。それだけに、この本は、このテーマの内容がどういうものなのか、なぜ論戦になっているのか、どう判断すべきかを、国民の皆様に分かりやすく提供した好著といえる。 お申込み:書店にてご注文いただくか、
善本社(FAX03-5213-4838)へご注文ください。 チラシ(注文書付)ダウンロード

 

  
岸信介元総理の志
~憲法改正に尽力した現代史。~
『岸信介元総理の志 憲法改正』
清原淳平編著 本体1500円+税、送料290円別途

  •  第一章 岸信介元総理から4団体の執行委嘱を受けた経緯
  •  第二章 岸信介元総理の「志」
  •  第三章 国民大会での写真・記録(昭和54年~56年)
  •  第四章 岸信介会長時代の大会報告号
お申込み:書店にてご注文いただくか、善本社(FAX03-5213-4838)へご注文ください。
チラシ(注文書付)ダウンロード

 

  
なぜ憲法改正か!?
『なぜ憲法改正か!?』  ★日本図書館協会選定図書
清原淳平著 本体1100円+税、送料290円別途
日本国憲法は、植民地憲法。非独立憲法の体裁である。
憲法は施行の時点で静止。時代は日進月歩・分進秒歩。
そのギャップを改正できなければ解釈で補うほかない。
68年も改正していないので解釈で補うのも、もはや限界。
お申込み:書店にてご注文いただくか、善本社(FAX03-5213-4838)へご注文ください。  チラシ(注文書付)ダウンロード
ページ上部へ